最速で買えた!禁煙治療薬のチャンピックスは通販がイチオシ!

最速で届くチャンピックスの通販

チャンピックは通販で!自宅から簡単に入手する方法

お医者さんの禁煙治療薬・チャンピックスには、禁煙によるニコチン切れ症状を軽くしたり、タバコを吸いたいという気持ちを抑える効果があります。「チャンピックスを通販で購入する」とは、海外版のチャンピックスを海外から個人輸入することを指します。ネット通販と同じように、チャンピックスの輸入の手続きを代行してくれる、海外サイトを紹介します。

海外の通販サイトでも楽天などと同じように購入できる

通常なら、チャンピックスなどの医薬品は、国内の薬事法によって通販できないルールがあります。しかし、個人が海外から薬を通販で購入することは薬事法によって許可されています。その手伝いを行っているのが個人輸入代行サイトです。

すべての必要な手続きに関して個人輸入代行業者が行うので、言葉の問題に悩むことがありません。購入者は通常の通販サイトと同じく注文するだけで、医薬品を購入することが可能です。

荷物追跡を行うことができたり、仲介業者が入らないのでリーズナブルな価格で注文することができます。インターネット環境があればどこでも注文することが可能です。

なかには診察を受けることが恥ずかしかったり、住んでいるエリアによって近くに希望する医薬品を購入できるところがない人もいるでしょう。インターネット通販サイトを利用すると恥ずかしい思いをせずに購入することができます。

手間や時間をかけずにいろいろな医薬品を購入することが可能です。ジェネリックも購入することができ、さまざまなメーカーから選択できます。

チャンピックスの通販は合法です

チャンピックスの通販は合法です。チャンピックスを購入するには個人輸入代行業者を利用し、海外から輸入する形になります。個人輸入代行は、海外で開発販売された医薬品やサプリメントなどを個人に代わって輸入するサービスです。輸入には時間や手間がかかる手続きがたくさんあるのですが、代行業者が手続きしてくれるので気軽に購入できます。

海外から輸入するので、処方せんが不要になります。チャンピックスは、アメリカの大手製薬会社ファイザーが開発・販売する禁煙補助薬です。病院で処方しなくても直接アメリカから輸入できます。

チャンピックスは、個人で輸入しても違法ではありません。厚生労働省のホームページにおいて医薬品に関する個人輸入について掲載があります。医薬品の個人輸入が認定されていることを確認することが可能です。

一般人が自分で使用するため輸入する場合、原則として、地方厚生局や厚生労働省の地方支分部局において必要書類を提出します。営業するための輸入ではないと証明を受けなければいけません。

しかし、特定の範囲において特例的に税関による数量などの確認を受けてから輸入することが可能です。自分で輸入する場合は海外の販売店を探したり、メーカーから直接購入する手続きを英語で行うことになるでしょう。現地の法律や手間が発生するので、通販サイトを利用すると便利です。

チャンピックを通販で購入する手順

チャンピックスなどを通販で購入するには、個人輸入代行サイトが便利です。海外版のチャンピックスをリーズナブルな価格で通販で購入することができ、到着までの日数もそれほどかかりません。5日から10日ぐらいで到着するので便利です。

通販サイトでは、日本語の説明書が入っており、詳しい説明が記載されています。通販で購入する方法は簡単です。通販サイトにアクセスし、欲しい商品を選んでカートに入れ購入手続きをするだけです。スマートフォンからでも注文することができ、各種クレジットカードや銀行振込で支払うことができます。

送料無料で利用することができるサイトもあり、数多くの通販サイトが存在しています。利用者のプライバシーを厳守するため商品名などの記載が伏せられています。また、中身が分からないようなプライベート梱包で届けられるのです。

海外の通販サイトでは、いろいろな医薬品やサプリメントを扱っています。ED治療薬やピル、AGA治療薬などの注文も家族や配送業者に知られることなく注文できるのです。

在庫管理を行っているので品切れになることは少なく、好きな時に依頼することができます。

チャンピックスの値段は?通販と病院

チャンピックスを購入する方法は、病院の保険診療と自由診療、通販の3種類があります。このうち最も費用が安く済むのは、保険診療と通販でチャンピックスを購入する方法です。

チャンピックスの費用、保険適用の相場は2万円

チャンピックスは、保険適用をすればかなり安く購入できるのがメリットです。

初診料と再診料の他に、ニコチン依存症管理料や処方せん料を含めると、自己負担は6,040円で済みます。他にも調剤料と禁煙補助薬を含めて保険料が適用されると、3割負担で13,620円が相場です。合計すると19,660円と約2万円という安価な金額で購入できます。

診察料などの値段に関しては保険適用により20代くらいの方なら3割適用がされます。特にリスクを気にすることなく利用できるのです。この割引は年齢により変化します。

1か月分ではなく3か月分で2万円かかるため、1か月分に換算すると6,500円程度です。具体的な診察内容ですが、12週間を基本として、その間に診察を5回受けるのが特徴です。また依存症の有無を調べて薬を用意、禁煙継続のアドバイスなどを行ってくれます。医師と一緒に禁煙できるので自分でするよりも効率よく行えるでしょう。

チャンピックスの自由診療、費用は6万円以上

保険適用によりかなり安く利用できるのはチャンピックスの魅力です。しかし、もし保険が適用されないときにはどれくらいの金額がかかってしまうのでしょうか?

保険が適用されなかった場合は、初診料と再診料で7780円、ニコチン依存症管理料で9620円です。他にも院外処方せん料が2720円で調剤料は6160円、禁煙補助薬が39230円です。合わせると65510円となります。かなり高額なので、保険適用は必須といえます。

6万円で禁煙をするのはリスクが高く合理的ではありません。保険適用をうまく使って、金銭的リスクを削減するのがコツと言えます。

12週以降ですが、これは保険適用外になります。基本的に保険適用が認められているのは通院回数が初診を含めて5回までです。これは期間にすると3か月なので、3か月を過ぎてしまうと実費負担となってしまいます。12週を経過したいときは気をつけておきましょう。

自由診療のニコチン依存症管理料は12週後で0円です。再診料は1000円かかります。チャンピックスの費用は2週間分で7000円、診察料は1000円です。自費診療はかなり厳しくなるので12週間以内に禁煙を成功させましょう。

チャンピックスは通販だと1万でフルパックが買える

チャンピックスは、通販の禁煙フルパックであれば、1万円くらいで購入できます。

病院を利用してチャンピックスを服用していても、12週間後に禁煙できる自信がないときには、通販を利用しましょう。

チャンピックスの通販の相場は、スターターパックが4,800円くらいです。高いところなら7,000円と価格差があります。

メンテナンスパックの場合は、5,000円程度でスターターパックとほぼ同じです。チャンピックス禁煙フルパックは10,000円くらいの金額で売られています。フルパックは取り扱っているお店が限定されているので、購入できるショップは少ないです。長期利用を考えると結構費用がかかります。しかし、通販ではまとめ買い割と呼ばれるサービスが使えます。

まとめてチャンピックスを購入すると安価な金額で手に入れる事ができるのがメリットです。うまく利用をすれば大量のチャンピックスを激安価格で手に入れる事ができるでしょう。

通販サイトのチャンピックスの値段は、日々変動しています。さらに取り寄せる国により料金が変化するので、気をつけて起きましょう。送料に関しては、規定金額購入すれば無料にしてくれるところが多いです。

通販は価格が安くて便利!デメリットは到着までの期間?

チャンピックスを通販で購入するメリットは様々です。価格の安さ、いつでもどこでも注文できて自宅に届く利便性は魅力です。

チャンピックスを通販するメリットは価格の安さ

チャンピックスを通販サイトで購入するメリットは、格安で手に入れることができる点です。

チャンピックスを自由診療で処方してもらうと、診察料金を含めて、値段は約63,000円にもなってしまいます。一定の条件を満たせば保険適用されて、3割負担なら約19,000円になります。しかし、それでも一般的な薬の値段に比べるとまだまだ高いです。

その点、通販のように購入することのできる通販サイトでは、同じ薬が格安で購入できます。利用する業者によっても異なりますが、1か月分で10,000円程で購入することが可能です。

しかも、医薬品の個人輸入代行業者を利用する場合は、あくまで個人輸入であるため、処方箋が必要ありません。つまり、病院に行く費用がかからないので、この値段以上にひと月の費用は掛からないことになります。

また、まとめ買いをすると、ひと月当たりの費用は安くなります。禁煙外来では保険が適用される場合でも12週までであり、12週目以降は、自己負担となってしまいます。最大24週まで服用することになりますが、自己負担となれば、負担が大きいです。その点、通販ならかなりコストを抑えることが可能です。

チャンピックスを通販で購入するデメリットは到着までの時間と安全性

チャンピックスを通販行で購入するデメリットも認識しておきましょう。1つが、届くまでに時間がかかるという点です。処方箋をもらった場合は薬局に行くとその日のうちに手に入れることができます。しかし、通販となれば早くても5日ほど、長ければ3週間ほどはかかってしまいます。

偽物の存在も通販では深刻な問題です。通販スタイルで気軽に買えることから利用者が増えていますが、偽物による被害の例もあります。こういった問題を避けるには、信用性の高い業者を選ぶように心がけましょう。

万が一健康被害が起きた場合、自己責任になってしまう点も知っておく必要があります。日本には医薬品副作用被害救済制度というものがあり、もし副作用に遭った場合に救済が受けられるのです。

しかし、これは国内で処方してもらった医薬品に限ります。したがって、個人輸入によって購入した医薬品を服用して生じた際の副作用については、救済の対象となっていません。

チャンピックスの通販で薬機法に違反するケースがある

チャンピックスを通販するにあたって、違法となる行為があります。それは、能動的手続代行行為と呼ばれるタイプです。具体的には、不特定多数の物に宣伝で購入を呼び掛けて、注文を受けて輸入することです。

もともと購入意欲があった人の代理で行動するのではなく、業者が購入意欲を掻き立てていることは、違法です。国内で未承認の薬を宣伝することは、薬機法で禁止されています。

例えば、アフィリエイトブログなどで未承認の薬を宣伝するなどが挙げられます。個人輸入代行サイトのアフィリエイトは数多く行われていますが、日本国内で行うと、違法行為に当たります。

また、厚生労働省が規定する量よりも多く輸入をすると、違法として、税関検査で引っ掛かる可能性があるのです。他にも、厚生労働省のホームページでは、個人輸入に関する事項が記載されているので、購入前に確認しましょう。

また、自身が購入したチャンピックスを第三者に譲渡・販売する行為は、薬機法に違反しています。薬を販売して良いのは、薬剤師と医師と定められているのです。